明日の風吹くニュース

日々の気になるニュースやお役立ち情報をお伝えします。

健康

梅ジュースの作り方!氷砂糖を使った方がおいしくできる理由とは?

投稿日:2017年7月2日 更新日:

梅ジュースを作る時にレシピを調べていると砂糖が必要であることがわかります。
しかし砂糖は種類がたくさんあってどれを選んでよいか悩ましいところです。

私は調べていて美味しい梅ジュースを簡単に作るなら氷砂糖を使うのがよいという結論に至りました。

この記事ではその理由について説明しています。
その後、梅ジュースを簡単に作る方法についてもお伝えしますね。

最後に泡が吹き出た時の対処方法も伝授。

それでは氷砂糖を使った方がよい理由から説明します。

白砂糖より氷砂糖を使った方がよい理由とは?

梅ジュースを作るには砂糖は必須の材料です。
砂糖というか糖分を入れないと梅の酸っぱさが際立って飲みにくくなるのです。

白砂糖と氷砂糖。
同じ砂糖なのですが梅ジュースを作る際には大きな違いが出てきます。
では白砂糖よりも氷砂糖を使った方がよい理由を説明しますね。

理由は2つあります。

  • 浸透圧の違いから氷砂糖を使った方が梅エキスがしっかり出るため
  • 氷砂糖が白砂糖よりも純度が高く混じりけが少ないため

でも浸透圧?? 純度??
ちょっと難しい言葉ですね。

まず浸透圧について説明します。
モノの性質として、濃度の高いものはより濃度の低いところに移動して濃度が均等になろうとします

この時、濃度が高いものが低いところに行く時に圧力が発生するのです。
その圧力を浸透圧と言います。

次に純度を説明しますね。
純度とはある物質の中に主成分がどれだけ含まれているかを表すものです。

純度100%のものというのは全く混じりけのないものということです。

ではそれぞれについて説明しましょう。

浸透圧の違いから氷砂糖を使った方が梅エキスがしっかり出る

梅はほかの果実よりも含んでいる水分量が高くありません。
ですので梅のエキスを抽出するには時間が必要になってきます。

砂糖を多量に溶かした水は非常に浸透圧が高いです。

つまり砂糖の溶けた水が浸透圧により梅の中に入り、梅の水分や成分が出ていくのです。

ここで白砂糖と氷砂糖の違いが出てきます。
白砂糖は早く溶けるので一気に砂糖水の濃度が上がりますよね?
すると梅のエキスが出ないうちに梅の水分のみが出てしまいます。

しかし氷砂糖はゆっくり溶け出すので、常に梅の周囲が梅の中よりも浸透圧が少し高い状態を保ちます

その状態を作れることによって梅のエキスをジワジワと抽出することが出来るのです。

氷砂糖が白砂糖よりも純度が高く混じりけが少ない

氷砂糖は白砂糖よりも純度が高いのです。
つまり氷砂糖はより混じりけのない砂糖。

これは梅ジュースの出来上がりに影響してきます。
氷砂糖を使えば透明感がアップするのですね。

純度が高いとアクも出にくく梅ジュースの甘さが白砂糖よりもしつこくなくさっぱりとします。

白砂糖よりも氷砂糖を使った方がよい理由のまとめ

梅ジュースを作る時、白砂糖よりも氷砂糖を使った方がよい理由は2つありました。
1つは浸透圧の違いから氷砂糖を使った方が梅エキスがしっかり出るから。

もう1つは氷砂糖が白砂糖よりも純度が高く混じりけが少ないからです。
純度の高い氷砂糖では出来上がりの透明度が上がり甘さもしつこくなくなります。

梅ジュースを作る時に氷砂糖の方がよい理由を理解できたところで次は簡単に梅ジュースを作れる方法を説明しますね。

誰でも出来る簡単梅ジュースの作り方

まずは材料です。

梅:1kg
氷砂糖:1kg
りんご酢:180cc
果実酒用の瓶(3L~4L用)
 

梅の選び方

青梅というまだよく熟していない青くて硬い梅を選びます。
特に美味しくできるのは、和歌山県産の南高梅(なんこうばい)、古城(こじろ)です。

南高梅は粒が大きいので果汁が多く、エキスもたっぷり含まれているので梅ジュース作りには最適です。

スーパーで売っているので購入しましょう。

■私の場合
知人に頂いた青梅を使いました。
子どもが袋に入った梅をみて「何を作るの? ボクも手伝いたい!」ってはしゃいでましたよ。

瓶の選び方

梅ジュースを作る時に使う瓶を選ぶポイントは、

  • 食品用である
  • 消毒できる
  • 密閉が可能
  • 口が大きい
  • 中を確認しやすい

です。

それぞれ詳しく説明しますね。

    食品用である

梅ジュースは口に入れるものなので食品用の瓶の方が安心ですね。
一部の瓶では成分が梅ジュースに溶け出してしまう可能性があります。
食品用の瓶ならそのあたりは配慮されており安心です。

    消毒できる

梅ジュースを作っている最中にカビが生えてしまったり、発酵したりすることがあります。
そうならないように作る前に瓶を消毒した方がよいのです。
ですので瓶は消毒出来るものを選びましょう。

    密閉が可能

雑菌や乾燥から防ぐためには必要な条件ですね。

    口が大きい・中を確認しやすい

梅や氷砂糖をたくさん入れるので口は大きい方が便利です。
また氷砂糖の溶け具合、発酵していないか等を頻繁に見ることになりますので中を確認しやすい透明なものを選びましょう。

以上を考えると果実酒用のガラス瓶が条件を満たしています。
これはスーパーに置いてあります。
特にシーズンになると食品売場にも置いてあるので手に入りやすいです。

    ■瓶の大きさは?

梅や氷砂糖、リンゴ酢が少し余裕を持って入る大きさがいいですね。
目安としては梅の重さの2.5倍くらいを考えます。

梅1kg使うのであれば、3L~4L用のものを選ぶと大丈夫です。

■私の場合
近くのダイエーの食品売場で材料を調達している時に棚に置いてあるのを発見!

シーズンにはこんな風に食料品売場に置いてあります。
2階に瓶の売り場があるのは知っていましたがここで即買いでした。(笑)

リンゴ酢を使う理由

梅ジュース作りでリンゴ酢を使わないレシピもあります。
しかしリンゴ酢を使う方法がオススメです。
その理由は、

  • カビが発生しにくい
  • 保存がしやすい
  • 酢の味が少なく飲みやすい
  • 腐りにくい

梅ジュースを簡単に作る為には失敗しにくい環境を作ることが大事です。
失敗の原因として、梅ジュースが腐ってしまったりカビが発生したりすることがありこれらは絶対に避けたいですね。
リンゴ酢を使うことでこれらの原因を取り除いてくれます。

もう一つ失敗の原因があります。
それは発酵させてしまうことです。
梅ジュースから泡が出て発酵してしまう状態。

リンゴ酢は発酵することを防ぐ効果もあるのです。

これはリンゴ酢を入れない手はないですね。

お待たせしました!
作り方を説明します。

1.道具の消毒
瓶を熱湯で消毒します。
ヤカンか鍋でお湯を沸かして瓶の中に入れます。
熱湯なので瓶は熱くなりますよ! ヤケドに気をつけて!


フタはアルコールで消毒します。
  

2.梅を水洗いします
ボールに入れて流水で軽く洗います。
3.梅を拭きます
一つずつ丁寧に拭きます。水分が残っているとカビやすいのでこの作業は丁寧に。

4.梅のヘタを取ります
梅を1つずつ爪楊枝でヘタを取ります。
結構簡単に取れますよ~。
ヘタをとり方を妻に教えてもらいました(^^)
5.容器に梅と氷砂糖を入れます
先に梅を入れてその後に氷砂糖を入れます。
その後は交互に入れましょう。
最初の層は少なくした方がいいのですが、上の方が少なくなってしまいました。ちょっと失敗(><)
6.リンゴ酢を入れます
リンゴ酢を入れてくれているのは次男です。お手伝いしてくれました。
7.保存
フタをして冷暗所へ保存します。
氷砂糖が溶けるまでは一日一回はフタを開けてかき混ぜましょう。
最初はなかなかかき混ぜられません。私は瓶を持って軽く揺すってました。その様子をみて子どもがゲラゲラ笑っていました。
8.完成
氷砂糖が溶けたら完成。
だいたい2~3週間が目安です。

こんな時はどうする?

  • 泡がふいてしまったら?

泡がふいているのは梅の発酵が進んでいるのが原因です。
このまま発酵が進んでいくと梅ジュースの風味が悪くなったり、お酒に近いようなものになります。

せっかく作るので風味が悪くなるのは避けたいですね。
お子さんに与えるのであればアルコールを含んでいると飲ませられません。

では泡がふく状態、つまり発酵してしまった時の対処方法はどのようはものでしょうか?
こちらが対処方法です。

1.梅を取り出します。
2.シロップを鍋に入れて弱火で煮てアクを取り除きます。
3.アクが出なくなった時点で火を止めて冷まします。
4.十分に冷めたら取り出した梅とシロップを元の容器に戻します。
(入れていた瓶はしっかり煮沸消毒しておくことが大事です。)

泡が吹き出ていたら上記の対処方法をお試し下さい。

まとめ

今年梅を頂く機会があり、初めて梅ジュース作りに挑戦しました。
難しいかと思っていましたが実際に作ってみると意外と簡単!

もちろん調べたり悩んだりもしました。
でも妻や子どもも手伝ってくれて皆でワイワイ言って作れたのはとても楽しい時間でした。

梅ジュースは白砂糖でも作れますが氷砂糖の方がより美味しく作れます。
その理由は2つありました。

1つは浸透圧をうまく調整できて梅のエキスを十分に抽出できること。
もう1つは純度が高いので出来上がりの透明感がよく、甘さがしつこくなくなるからです。

苦労しながらもなんとか作れた梅ジュース。
誰でも梅ジュースが作れるようになればなあとの想いでこの記事を書いてみました。

梅ジュースの作り方は画像つきですので見ながら作れば簡単に作れますよ。
初めて作る方もチャレンジしてみて下さいね。

こちらの記事では梅ジュースの効能について詳しくわかります。
特に夏バテに効く理由を読んでみて下さいね。
↓ ↓ ↓
梅ジュースの効能は?夏バテに効く納得の理由!

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

熱中症対策に必須のグッズランキングベスト5 使えるグッズはこれだ!

暑い季節がやってきました。 去年は猛暑で全国で熱中症で救急搬送されたというニュースが連日流れていたのは記憶に新しいですね。 今回は熱中症対策グッズの使えるランキングベスト5を企画しました。 最近の対策 …

梅ジュースの効能は?夏バテに効く納得の理由!

今年の夏も暑くなりそうな気配がする今日このごろです。 夏バテしないように今から対策を考えておきたいですね。 最近梅を頂きました。 身体によくて美味しいと言われている梅ジュースを作り始めています。 梅ジ …

いちじくの栄養とすごい効能はコレ!人気のある理由とは?

いちじくが栄養のある果物って知っていましたか? 昔は不老長寿の果物って呼ばれていたくらいです。 ふと、昔母親からいちじくを勧められたことを思い出しました。 当時は好んでは食べなかったのを思い出します。 …

便が出にくい原因は?試して効果のあった2つの方法を伝授!

40歳を過ぎて体調が悪い訳ではないけれども、どうも最近便が出にくくなって長くトイレにこもることが多くなりました。 今までは毎朝トイレに行くとすぐに出てたと思います。 しかし最近は10分くらい入っている …

熱中症の頭痛の治し方は? 痛みを和らげる3つの方法

熱中症になった時に頭痛が起こることがあることをご存知ですか? 蒸し暑い中、外を長い間歩いて自宅に着いた時、頭が痛くなったことはありませんか? 私はよくありました。 今考えると熱中症になっていたのだろう …